ユーフォルビア ステラータ(飛竜)の育て方

塊根系ユーフォルビアの代表格「飛竜」は、独特な模様のある刺の生えた多肉質な葉と、肥大化する根とのバランスが絶妙な人気のコーデックスです。

塊根系ユーフォルビアは全般的に生長が遅く、実生からある程度見栄えのする大きさに育てるには、そこそこな時間を必要とします。性質は丈夫なので、長く付き合うことのできる植物ではないでしょうか。

品種名
ユーフォルビア ステラータ(飛竜)
学名
Euphorbia crispa
科名
トウダイグサ科
属名
ユーフォルビア
原産地
南アフリカ
生育タイプ
夏生育型
育てやすさ
★★★★

ユーフォルビア ステラータ(飛竜)が好き

自生地では塊根部分は地中に埋まっており、地表から刺のある葉を這うようにしています。市販されているものは、園芸の観点から塊根部を地表に露出させて仕立てています。その見た目の派手さや迫力のある姿は、多肉植物好きにはたまらない魅力であふれています。

Check!画像をタップすると詳細が表示されます。

ユーフォルビア ステラータ(飛竜)の春の育て方
難易度:★★★★
水やり:★★★★★
生育環境:温室(12℃〜27℃)
ユーフォルビア ステラータ(飛竜)の夏の育て方
難易度:★★★★
水やり:★★★★
生育環境:温室(24℃〜35℃)
ユーフォルビア ステラータ(飛竜)の秋の育て方
難易度:★★★★★
水やり:★★★★
生育環境:温室(5℃〜28℃)
ユーフォルビア ステラータ(飛竜)の冬の育て方
難易度:★★★★★
水やり:★★★★
生育環境:温室(5℃〜15℃)

ユーフォルビア ステラータ(飛竜)の増やし方

増やし方は葉挿しや実生になります。塊根部が肥大化するコーデックスは、葉挿しだと根がうまく肥大化しない傾向にあります。飛竜の魅力である立派な塊根部分のある植物に育てるなら、時間はかかりますが実生がおススメです。

塊根部分が太り始めるまでが時間がかかる

種子から発芽させ、葉を展開させてから塊根部分が太りだすまで、育てる環境下にもよりますが、2年近くはかかります。

太らせるには芋を埋めること!Check!

塊根系植物のお決まり「芋系はしっかり埋める」です。先に述べたように生長は遅いですが、芋がしっかりとでき始めてからしっかりと地中に埋めておくと、個人的には生長は早い方だと感じています。1年埋めっぱなしで一回りは大きくなる印象です。

コーデックスとしての魅力

ユーフォルビア ステラータ(飛竜)のコーデックスとしての魅力は、その独特な模様と刺のあるいかつい多肉質の葉、そして肥大化した塊根部分とのバランスではないでしょうか。ある程度時間が経つと塊根部分が太ってくるので、より育てる楽しみが増えてくる植物です。

独特な模様に鋭い刺

種子から発芽させ、葉を展開させてから塊根部分が太りだすまで、育てる環境下にもよりますが、2年近くはかかります。

ユーフォルビア ステラータ(飛竜)の用土は?

水はけのよい多肉植物用の用土で問題ありません。植え替え時に少量の元肥を施してもよいでしょう。塊根部分まで埋める場合は直接肥料が触れないように、深めの鉢を選らび、下へ根が張った時に触れるように施しましょう。

水やりについて

水は好きな方で生長期の夏は用土が乾いたらたっぷりと水をやります。高温になる真夏の炎天下の水やりは避けて、気温が下がりだしてからやりましょう。夏生育型とはいえ、40度を超える環境が続くと休眠し、水を吸いにくくなるので用土の乾き具合や葉の展開を見ながら判断しましょう。

冬は15度を下回ると葉が枯れる

11月に入り昼夜の寒暖差が大きくなり、夜間の気温が15度を下回ると生長が鈍くなり。この時期に厳冬期に向けて徐々に水やりの回数を減らしていきます。加温できる環境や室内に取り込むなどして、休眠させない方法もありますが、私の場合は場所の問題もあるので、耐寒性の高いものは5度から10度くらいのところでほぼ断水で管理しています。下葉が枯れ込んでしまいますが、毎年春になると元気に葉を出してくれます。

比較的寒さにも強い

ユーフォルビア ステラータ(飛竜)は比較的寒さにも強そうです。ただし、厳冬期に15度を下回る日が続くと下葉が枯んできます。葉が少ない分、春の立ち上がりが遅くなるので、室内管理か加温して冬超えをさせることをおすすめします。

ユーフォルビア ステラータ(飛竜)の花について

6月頃に花を咲かせます。刺座からこれでもかと開花するので全体的に賑やかな姿となります。雌しべと雄しべはそれぞれ開花のタイミングがずれているので受粉させるにはそれぞれの株の開花のタイミングが合わないと難しいです。

花は雌雄異花

ユーフォルビア ステラータ(飛竜)の花は雌雄異花といって、刺座から中央の雄しべが先に咲き、遅れて両側に雌しべが咲きます。違う遺伝子を継ぐために開花のタイミングをずらしているので、試していませんが自家受粉は難しいような気もします。

病気についての対策

病気についての詳細を公開予定です。

害虫についての対策

ユーフォルビア ステラータ(飛竜)の害虫について記載しています。

コナカイガラムシの被害

ユーフォルビア ステラータ(飛竜)は比較的に虫もつきにくく育てやすい印象です。ただし、このコナカイガラムシはどの多肉植物も寄生するので厄介です。対策としては害虫の快適な環境にさせずに、かつ植物自体の免疫力を高くすることです。

高温多湿は虫にとって繁殖のしやすい環境になります。風通しのよく適度に日光の当たる環境で管理しましょう。ただし、どうして害虫は発生してしまいます。発生する前に市販の薬剤を定期散布するなどの予防も大切になります。

厄介なコナカイガラムシは捕殺!

コナカイガラムシは目に見えるまで大きくなると白いので比較的すぐにわかります。1、2ミリほどのものはピンセットなどで捕殺しましょう。また、目に見えないほどの大きさも地中に潜んている可能性は高いです。生長期であれば株を抜き出して、柔らかいブラシなどで葉の隙間などをしっかりと洗い、用土ごと植え替えるなどの対処も必要です。

殺虫剤を使用する

厳冬期など植物が休眠している間も虫は発生していることもあります。その場合は市販の薬剤を使用します。スプレー型の薬剤はすでに調合されていて散布するだけになっていて便利です。効き目も悪くないように感じます。ただし、同じものを使い続けると害虫も耐性がついてしまいますので、いくつか薬品を変えるなどして耐性のつきにくい予防も必要です。

〈 PREVコーデックスの育て方 NEXT 〉サボテンの育て方 多肉植物・サボテンの育て方・楽しみ方

こちらもどうぞ

TOP 多肉植物・サボテンの育て方・楽しみ方 コデメモ|コーデックスの育て方とは? ユーフォルビア ステラータ(飛竜)の育て方

スポンサーリンク